落雷避けをするために重要!電子機器を守るために必要な避雷針の基礎知識

家庭で使っている電気機器が落雷で壊れるというトラブルが発生することがあります。
これは雷によって発生するサージ電流がコンセントから電気機器に流れることが原因です。
このような落雷のリスクを回避するためには、落雷避けになる避雷針の設置が必要です。
とても簡単な仕組みですが設置されているかいないかで安全性に大きな違いがあります。
基礎知識を知ることで、その重重要性がわかるはずです。
まだ設置していない場合は、早めの検討が必要です。

落雷避けをするために重要!電子機器を守るために必要な避雷針の基礎知識

電気機器はコンセントから必要となる電流を受けて動いています。
必要以上の電流が流れると壊れてしまうため、保護装置がついていますが、落雷で発生するサージ電流はスピードが速く、保護回路が働く前に壊していまいます。
予防としては。
雷が鳴り出したらコンセントから抜くことです。
実際には生活に支障が出るためすべてを抜くことは難しい状況です。
そこで必要なのが落雷避けの避雷針の設置です。
避雷針が落雷避けできることの基礎知識として、電気が流れやすい高いものに落雷しやすいということを覚えておきましょう。
自分の家屋で一番高くなるように設置すれば、他の部分には落ちにくくなるので安心です。
落雷した雷は避雷針につながった電線によって地面に逃されるので、電気機器が脅かされることはありません。

最新の避雷針は落雷避けの効果が大違いで安心

建物や施設などに落雷避けとして設置するための避雷針は、最新のものと従来のものとでは効果やしくみも大違いです。
古くから定着して普及している従来型のものは、雷が発生した時に雷から発せられる先駆放電と呼ばれる放電に対して、空に向かって小規模な放電を起こし、これらが呼応して地表に落ちてくる雷のエネルギーを避雷針に集められるようなしくみとなっています。
雷を迎えにいくようなイメージで、被害を最小限におさめるようにするという発想の元で落雷避けにつなげているのが、大きな特徴です。
一方で、現在普及してきている最新のものは、雷を誘い込むのではなく、落雷そのものを抑制して、建物や人への被害を防ぐことを目的としています。
雷が発生した時に空中にある電流を100%に近い確率で中和させることができ、保護できる範囲も以前と比べて3倍程度の広大な距離に対して効果があることがわかっています。
さらに、従来のものと比較して最も違うと言われているのが、建物の内部設備などに対する保護効果です。
屋内にある電子機器などが被害を受けることがなくなり、被害数の減少や落雷避け対策の強化にもつながり、個人や企業の間で最新の避雷針に対するニーズが急速に高まっています。

落雷避けに関する情報サイト
避雷針で電子機器を守ろう!

家庭で使っている電気機器が落雷で壊れるというトラブルが発生することがあります。
これは雷によって発生するサージ電流がコンセントから電気機器に流れることが原因です。
このような落雷のリスクを回避するためには、落雷避けになる避雷針の設置が必要です。
とても簡単な仕組みですが設置されているかいないかで安全性に大きな違いがあります。
基礎知識を知ることで、その重重要性がわかるはずです。
まだ設置していない場合は、早めの検討が必要です。

Search